K ・ Kita

昭和53年 生まれ
神奈川県 鎌倉市 在住

 絵は自分の心の中を映す鏡みたいなものです。 明鏡止水、森羅万象、風林火山、…etc、とその 時々で何を表現したいかは変化するもの。ましてや、永遠のテーマなど見つからない のかも知れません。であるからして、これから私は「たった今、この一時」の考えを 切り取って述べてみようかと思います。

 自分が人から教えてもらった言葉で、特に影響を受けた文句の中に「一切のものはその仏性においては、美醜のニも絶えた無垢のものである」というものがあります。その言葉を自分なりの解釈で消化した結果、私は絵画というものは「美」で無ければならないとは思えず、むしろ「無垢」であるかの様に見せなければならないものだと思います。
どうかこの最中に、その解釈は間違っていると発せずにはいられないかもしれませんが、この一時は耐えて聞いて下さい。

 私の絵を見た方が、絵画の概念に「無垢さ」という新しい価値観が芽生えるように絵を描く事が、この工房での私の最初の勤めであり、目標でもあります。

 

<これまでの活動>

平成27年1月より 道工房に所属し、道工房主催の展示に参加し始める
毎年 道工房展 (鎌倉生涯学習センター)
道工房アート展 (湘南鎌倉総合病院2階ギャラリー、鎌倉クリニック)
アートフレンズ展 (千葉市美術館 千葉幕張ロータリークラブ主催)
小町通りぼんぼり祭り (小町通商店街)
花の絵画展 (日比谷花壇大船フラワーセンター)
平成28年 道工房地下道ギャラリー展 (鎌倉地下道ギャラリー)
令和3年8月 『Magically moon』が、第七回 Are to You ! 東北障がい者芸術全国公募展 一次審査通過