宗圓 樹

SOEN TATSUKI

昭和57年 生まれ
神奈川県 横浜市 在住

子供の頃、ラブレターに絵を添えたら、非常に喜んでもらいました。
その体験から、絵は私にとって愛を表現する手段であり、また絵は愛を与えてくれる存在となりました。
少し話を変えます。今人間は宇宙に行く時代になりました。あと200年もしたら火星に住んでいるかも知れません。
そこで現代に生きる我々は、地球世代で地球にうまれ、地球人です。私の絵は地球遺産。古き良き地球、それを大切に創作の要として表現してゆくことが大事だと思います。後世の子孫たちが、これが地球か・・・。と思うような作品を作っていきたいです。私の絵は地球に対するラブレターです。誰かに対して描いたラブレターです。観てくれる方にはいろいろと深読みと、そして様々な解釈をしてもらいたいです。

<これまでの活動>

平成27年2月より 道工房に所属し、道工房主催の展示に参加し始める
毎年 道工房展 (鎌倉生涯学習センター)
道工房アート展 (湘南鎌倉総合病院2階ギャラリー、鎌倉クリニック)
アートフレンズ展 (千葉市美術館 千葉幕張ロータリークラブ主催)
小町通りぼんぼり祭り (小町通商店街)
平成28年1月 鎌倉美術連盟 創立20周年記念 新春ギャラリー展 出品
平成28年3月 道工房地下道ギャラリー展 (鎌倉地下道ギャラリー)
平成28年11月 「道工房コレクション」早見芸術学園エントランスギャラリー
平成29年3月 「道工房&月足さおりコラボコンサート」(熊本県あさぎり町にて開催)
平成29年6月 花の絵画展 (神奈川県大船フラワーセンター)