田口 圭介

KEISUKE TAGUCHI

小さい頃から絵を描くのが好きで、鉛筆や筆ペンを使ってノートなどにカット絵(花、ドングリ、動物 等)を描いていました。
中学の頃からスケッチブックに花の絵を筆ペンで描くようになり、高校の頃には色鉛筆で色をつける様になりました。この頃から金沢文庫芸術祭に参加しています。
現在、就労継続支援B型事業所「道工房」(鎌倉市)と「フラワーロード」(横浜市)へ所属をし、フラワーロードでは野菜作りを行い、道工房では主に花の絵を描いて、フラワーロードで栽培した野菜も絵の題材にしています。一切下書きなし、直接筆ペンで描いています。

<これまでの活動>

平成13年頃より 金沢文庫芸術祭に参加 毎年新作を発表
平成28年より 鎌倉雪ノ下教会バザーに参加 新作、クリスマスカード、年賀状を展示
平成27年10月より 道工房に所属し、道工房主催の展示に参加し始める
毎年 道工房展 (鎌倉生涯学習センター)
道工房アート展 (湘南鎌倉総合病院2階ギャラリー、鎌倉クリニック)
アートフレンズ展 (千葉市美術館 千葉幕張ロータリークラブ主催)
その他、早見芸術学園エントランスギャラリー、神奈川県立フラワーセンター大船植物園エントランスホールなどでの展示に参加
平成29年3月 道工房 花の絵画展 田口圭介・新井美知子2人展
(神奈川県立フラワーセンター大船植物園 エントランスホール)
平成29年3月 鎌倉地下道ギャラリーにて作品展示